あなたは何人?−最も女性ウケする【元カノの人数】

この記事は2分で読めます

 

こんにちわ。

会話デザイナーの
上杉りゅうです。 

 

 

<<今日のテーマ>>

 
今日は、メルマガの読者さんから以下のような
質問が来たので、質問者さんの承諾を得て、
シェアしていこうと思います↓

「最近、アプローチしている女性から
”今まで何人の人と付き合ってきたの?”
と聞かれることが数回あり、その度に答えを迷ってしまいました。

私は、今までそれなりに恋愛活動をがんばってきたこともあり、
実際付き合った人数は10人ほどで、24歳にしては、
ちょっと多いかなと感じているのですが、女性の印象的に
マイナスに見られたりしないでしょうか?
出来れば、ベストな元カノ人数も教えてもらえると嬉しいです。」

 

これは、男性側の年齢や
キャラクターによっても、
「元カノを何人と言うのが最適か?」
は異なるので、難しいところですが、
【普遍的に最も女性ウケしやすい回答】
はあります。

 

では、早速、正解を言います。

 

 

 

「元カノを何人と言うのが最適か?」
 

 

その答えは、
【「元カノは5人」と伝える】
です。

 

 

 

伝える元カノ人数が5人である2つの理由

 

なぜ5人なのか?

それは、その理由は以下の2つです↓

1、「チャラい」というほどには多くない
2、「モテない」というほどには少なくない

 

 

 

1、「チャラい」というほどには多くない

まず
1、「チャラい」というほどには多くない
というのは、
<5人それぞれと付き合った期間の長さ>
で、こちらのチャラさを調整出来るからです。

 

 

例えば、一口に
「元カノは5人いた」
と言っても、

・18歳で5人と付き合ったことがある
・30歳で5人と付き合ったことがある

では、だいぶ印象が違います。

 

しかし、女性に説明する時には・・・

男性が18歳の場合
「5人って言っても、最初の2人とかは
メールばっかりで、ろくにデートもしなかったから、
実質3人だけが1年以上続いた恋愛だったかな」

男性が30歳の場合
「オレ、付き合うと、ほぼ年単位で続くから、
1人と2年以上付き合うことが多いかも」

・・・という風に

【5人のうち、それぞれと付き合った期間を
今の年齢に合わせて調節出来る】

わけです。

 

恋愛経験は、
<多過ぎると印象が悪い>
ので、「5人」という人数を使って、
女性が
「そういう理由なら、まあ5人で普通か」
と考えるように答えて行くと良いです。

 

 

2、「モテない」というほどには少なくない

次に
2、「モテない」というほどには少なくない
というのは
【4人以下だと、相手によっては
「モテないのかな?」と思われるから】
です。

 

 

例えば

・遊びたい願望の強い女性

・年齢をある程度重ねていて、
それなりに恋愛経験を重ねている女性

などは、
「付き合った人数が少ない」
というだけで

「魅力がないのかな?」
「何か私がまだ気付いてない欠点でもあるのかな?」

偏見のある見方をしてくることがあります

 

 

だから、「5人」という、
【ある程度異性から需要がないと達成しえない数値】
を言うことで、女性が
「まあ、モテなくはないんだろうな」
と思うように仕向けるようにしてください。

 

 

恋愛経験というのは
<多過ぎても少な過ぎてもダメ>
なので、
【最も広く女性の共感を得る元カノ人数】
を言う必要があります。

 

 

その時、
「5人」
という人数は、
【それなりにモテることを示しつつ、
だけど遊び人ではない】
と思わせるバランスの良い数値なのです。

 

 

<<今日のまとめ>>

 
「付き合った人数は多くても少なくてもダメ」

「【5人】というバランスの良い人数を使って、
【ちょっとモテる、だけど、遊んではいない】
という印象を女性に伝えよう」

 

 

P.S.
可愛い彼女を5人以上作るのは、この方法が最適です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@mdd8248x

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル
error: このコンテンツは著作権法によって守られています