会話で伝わるのは言葉だけではない

この記事は2分で読めます

<<今日のテーマ>>

今日は

<非言語コミュニケーション>

について話していこうと思います

 

非言語コミュ二ケーションとは、例えば

・声のトーン

・表情

・身振り

などの、

<発言した言葉以外に伝達出来る感情サイン>

のことです

 

 

これは例えば、あなたの趣味が料理を
することだったとして、女性から

「A男さんは何が趣味なんですか?」

と質問された時、

 

「料理です」

と‘平坦な声のトーン’で答えるのと

 

「料理です!」

【明らかにさっきまで話してた時よりもはっきりした口調】

で答えるのとでは、

<女性に伝わるこちらの人柄が違ってくる>

ということです

 

(当然、後者の方が「料理好きで楽しそうな人」という
印象が伝わりやすく、恋愛では有利です)

 

女性は、相手の男性の人柄を

<言葉そのもの>

だけでなく、その言葉を言った時の

・声のトーン

・表情

・身振り

などから

【総合的に判断している】

ので、口説くための会話では

<言葉と、それを言う時の
感情を一致させた話し方をする>

ということが大事になります

 

 

それは、例えば、

・女性の話の中で「面白い」
と思った部分に、声のトーンを上げて相槌する

・自分が好きなものを語る時には、
身振りをつけて楽しそうに話す

・女性の悩みを聴いて慰めてあげたい時には
「それはつらいね」と、こちらもトーンを下げて共感してあげる

など

【状況に応じて、適切な
非言語コミュニケーションを取る】

ということです

 

 

なので、あなたが女性と会話する時には

【自分の感情を言葉に乗せる】

ということを意識してみてください

 

 

普段、感情を出し慣れていない人は、
非言語コミュニケーションを練習するだけでも、

<女性がこちらの人柄を理解して、
心を開いてくれやすくなる>

といえます

 

 

感情を言葉に乗せる練習方法としては

・まずは、家族や親友など、感情を
出しやすい親しい人物に感情を出して話す習慣をつける

・カラオケで好きな曲を思いっきり感情を込めて歌う

・普段から、自分の思ったことを口に出す練習をする
(例「おなか空いた」、「眠い」など)

などを【日常的に行う】ようにすると、
良いです

 

 

地味ですが、非常に重要なことなので、
よく覚えておいてください

 

 

<<今日のまとめ>>

「会話は、言葉以外の表情や声のトーンなどで、
伝わるものも多い」

 

「非言語コミュニケーションは、
日常生活でいかに感情を出す練習をしているか?
が大事なので、女性と話す時以外の会話でも
感情を込めた話し方をする習慣をつけておこう」

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@mdd8248x

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル
error: Content is protected !!