女性にモテる【相槌】の打ち方

この記事は4分で読めます

こんにちわ。

会話デザイナーの
上杉りゅうです。

 

 

<<今日のテーマ>>

今日は
<女性にモテる「相槌」の打ち方>
について話していこうと思います。

 

女性は、
<自分の話を聞いてくれて、
感情を発散させてくれる男性が大好き>

です。

 

例えば、
・不満がある時は愚痴を聞いてあげる
・恋愛話をしたい時は元彼の話を聞いてあげる
・夢について熱く語りたい時は仕事の話を聞いてあげる
というように、
【女性の思い入れが強い話題を引き出すこと】
は、仲良くなる上で大切です。

 

 

そして、これらの
<女性の思い入れが強い話題>
を引き出すためには、
【女性がたくさん語りたくなるような
相槌で共感してあげる必要がある】
といえます。

 

 

 

女性の話はいつも共感出来るとは限らない

しかし、一口に
<相槌で共感する>
と言っても、女性の話には
・本心では共感出来ない場合
もありますよね?

 

例えば、あなたが
<ジャニーズのイケメン>
に全く興味がなかったとして、女性が、
「ジャニーズの〜くんって超カッコいいよね!?」
などと言われても、
あまり同意出来ないことってあると思うんですよ。

こんな風に、
・女性の話に本心では共感出来ない場合
は、
<本心では共感してないのに、
仲良くなるために、ウソで生返事するのは苦しい>

という問題が生じます。
(しかも、ウソの相槌は感情がこもってないので、
声のトーンなどから女性にもバレてしまう)

 

 

では、こんな時どうすれば良いのか?

 

女性の話に100%共感出来ない時は・・・

そんな時に、便利なのが、
<追従相槌>
というテクニックを使います

 

追従相槌とは、
<女性の話に強く理解するわけではないが、
そのような考え方があることも認める相槌
のことです。

 

 

例えば、上述の例をもっとわかりやすくして、
女性が
「私、ジャニーズがすっごい好きで、
元彼の誕生日よりもライブを優先してたんだー」
と言ったとします。

 

そして、あなたが、それに対して
「は?彼氏よりジャニーズ優先とかありえない」
と、本心では感じたとします。

 

 

この時生じる、
<仲良くなるためには、ウソでも共感したフリを
した方が良さそうだけど、本音では共感出来てない>
というジレンマを解消するために、
<追従相槌>
を使うわけです。

 

 

 

追従相槌の具体例

具体的には以下のような流れで、
女性の感情を引き出していきます↓

「私、ジャニーズがすっごい好きで、
元彼の誕生日よりもライブを優先してたんだー」

「あーそういう人いるよね(笑)」(追従相槌)

「だって、ライブ命なんだもん!」

「すごいな、昔からジャニーズ好きなの?」

「うん、高校生の時からファン(笑)」

「ベテランだな(笑)、じゃあ元彼ジャニ系の
ルックスばっかりじゃない?」

「いやー、全然そんなことなくて、
実際はお笑い芸人みたいな人が多かったかも(笑)」

男「それは性格が?それとも顔が?(笑)」

「顔もそんなにすごいイケメンじゃなかったかも(笑)
でも面白い人が好きなんだよね」

〜以降、元彼の人物像を深く掘り下げていく〜

 

 

上記の例は、

「私、ジャニーズがすっごい好きで、

元彼の誕生日よりもライブを優先してたんだー」

という、こちらが共感しかねる女性の
発言に対して

「あーそういう人いるよね(笑)」

というふうに、

【否定も肯定もしてないが、
事実としてそういう人がいつのは認める相槌】

を打つことで、
<共感しなくても、会話を盛り上げている>
わけです。

 

 

共感出来ないからって、否定するのはマズい

もし、仮に、

「私、ジャニーズがすっごい好きで、

元彼の誕生日よりもライブを優先してたんだー」

に対して、

「え?それはちょっとひどいんじゃない?」

などと、

<真剣に否定してしまう>

と、女性がそれ以上語りたく
なくなってしまって、
【ジャニーズについてだけでなく、
それ以外の話題も聞き出しにくくなってしまう】
んですね。

 

 

 

一般的に考えたら

「私、ジャニーズがすっごい好きで、
元彼の誕生日よりもライブを優先してたんだー」

という発言は非常識ですが、それでも、
<女性を惚れさせるためには、
頭ごなしに否定せずに、話を聞いてあげる>
ということが大事なのです。

 

 

 

共感出来ないこともあって当然

 

人間はそれぞれ持っている
価値観が違います。

 

 

とくに、それが男女間でならば、
なおさらで、
【女性と会話していると、
男性からは理解しがたい意見が出ることもある】

のです。

 

 

その時に、
「それはないでしょ」とか、
「なにそれ?バカなんじゃないの?」とか、
「あー・・・オレには全くわからない世界だわ」などと、
女性の話をさえぎってしまうと、
<その延長にあったはずの、
心を開かせて仲良くなる会話も
やるにくくなってしまう>

といえます。

 

 

なので、そうならないために、
あなたも、

<共感出来ない価値観を
女性が出してきた時>

は、追従相槌を使って

「そういう考え方もある‘かもね’」
「それ‘も’アリだね」
「なるほど、そういう人って最近多いよね」

などと、

【自分は共感出来なくても
一般論としては認めてあげる】

というテクニックを使うと良いです。

 

 

こちらの価値観に共感させるのは
<女性がこちらに惚れて聞く耳を持った後>
なのであって、
<まだこちらに惚れてもない女性の価値観と
ケンカしてもデメリットしかない>
のです。

 

 

追従相槌を使えば、
<女性との考え方の違いからくるケンカ>
を100%防止することが出来るで、
ぜひ活用してみてください。

 

 

<<今日のまとめ>>

 

「相槌はただ共感していれば良いだけではない」

「自分と異なる価値観を持った女性と会話する時は、
【自分は共感出来なくても
一般論としては認めてあげる】

というテクニックを使って、
女性の感情を引き出し、仲良くなろう」

 

 

P.S.
共感と相づちだけで付き合える女性と出会う方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@mdd8248x

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル
error: このコンテンツは著作権法によって守られています