2020年3月13日最終更新

女性にバレてはいけない「秘密のルール」

この記事は3分で読めます

 

こんにちは。
上杉りゅうです。

 

▼今日のノウハウ

今日は
「女性に絶対秘密に
しておくべきLINEのルール」

についてお話します。

 

LINEはどんな文章でも
送ることが出来ます。

 

しかし、
<恋愛で相手に好かれるためのLINE>
には、
【絶対に守るべきルール】
が存在します。

 

 

守るべきルールって、
なんだと思いますか?

 

 

正解は

【こちらの好感度を
女性の好感度以下に見せる】

というルールです。

 

 

好意を秘密にしておくべき理由

これは、例えば、
女性があなたのことを

「友達くらいの親しさかなー」

と思っていたとしたら、
あなたの方も

<友達か知り合いくらいの
親しさで女性に接するべき>

ということです。

 

 

なぜなら、

【女性は、自分が思っている以上に、
相手の男性から好意を示されると逃げたくなるから】

です。

 

 

女性は、

<自分がすでに
魅力を感じている男性>

から好意を示されるのは嬉しいんですが、

<自分がまだ異性としての
魅力を感じていない男性>

から好意を示されると、

「おもわせぶりな態度で接するのも、
申し訳ないし、もうこの人とは
メールしないようにしよう」

と、逃げたくなってしまう性質があります。

 

 

だから、男性から
女性の連絡先を聞いたり、
デートに誘ったりはするんですが、
それにもかかわらず

【なるべくこちらの好意が
バレないようにしながら誘う】

という問題をクリアする必要があるのです。

 

 

食事に誘うのは「好きだから」ではダメ

例えば、食事デートに誘うなら
その理由を

「その女性と一緒に食事したいから」

ではなく

「メールが‘たまたま’盛り上がって
行きたいレストランの話題になったから」

などと

【女性に好意があること以外の理由付け】

をするべき・・・ということですね。

 

 

しかし、実際には

<メールで好意がモロバレな男性>

がけっこう多いです。

 

 

例えば、

1、メールの文章量が女性よりも長い
2、メールの返信ペースが女性よりも早い
3、やたら女性を褒める

などの、

<相手の女性を魅力的に
感じるからこそ、男性が
ついやってしまいがちな行動>

が原因で、

【直接「好きだ」とは言ってないのに、
好きなのが丸分かりなせいで、
女性
に敬遠される男性が非常に多い】

のです。

 

 

まず人として好かれることを目指す

 
本当に大事なのは

<好意を示すこと>

ではなく、

【まず、人として興味を持ってもらって、
女性に「もっとメールしたい」と思ってもらうこと】

なのですが、モテない人の多くが

「オレはお前が好きだ。
だからお前もオレを好きになってくれ」

というアプローチをして、
フラれてしまうわけです。

 

 

このあたりの

<メールのルール>

をわかっていないと、
まだ仲良くない女性に

・長い文でメールしたり
・早いペースでたくさんメールしたり
・たくさん女性の長所を褒め過ぎてしまったり

などの致命的なミスを
【気付かずに】やってしまうので、
注意してください。

 

 

好意を示す前にやることはいっぱいある

 
ちゃんと、前回までのメールでお伝えした

・指摘待ちメール

・5つの話題

などの技術を使って
女性の感情を引き出せば

‘まず仲良くなった後で’好意を示す】

という戦略を取ることも
出来るようになるので、

【こちらの好感度を
女性の好感度以下に見せる】

というルールを絶対に守ってください。

 

 

「こちらが、
どのくらい女性を好きなのか?」

は、女性と付き合うまで
【あいまいにしておくべき秘密】
なのです。

 

 

「A子は楽しい奴だけど、
まだ別に異性としてどうとかってわけじゃないよ?」

という立場の‘フリ’をしておいて、
女性がこちらに興味を示したタイミングで

実は‘オレも’A子のこと良いと思ってるよ」

・・・・という流れで、
どんどんゲットしていきましょう。

 

 

▼今日のまとめ

「恋愛は、女性がまだそれほどでもないのに、
男性側だけが好意を示し過ぎると、上手くいかない」

「だから、女性と仲良くはしつつも、
【好意がモロバレしすぎないようにメールすること】
が大切である」

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: このコンテンツは著作権法によって守られています。