2019年7月15日最終更新

筋トレしてるのにモテない男が持つ【3つの理由】

この記事は3分で読めます

▼今日のテーマ

今日は、
<筋トレしてるのにモテない男が持つ3つの理由>
ということについて
お話していこうと思います。




身体を鍛える


これは、モテる努力の中でも、
かなり王道ですよね。



だらしのない身体を引き締め、
男らしい体型に近づける


・・・・一見、これは
正しい努力のように見える



でも、筋トレって、
実際には

【そんなにモテるようにならない】

んですよ。


筋トレをしてもモテないままの3つの理由

その理由は3つあります↓

理由1:鍛えても女性に伝わらない
理由2:多くの男性がモテる鍛え方を知らない
理由3:才能に左右される部分が大きい

理由1:鍛えても女性に伝わらない

これは

【身体が引き締まっても
大部分が服に隠れてわからない】

ということです。



よく、
「モテる腹筋を作ろう!」
みたいな広告がされますが、
それって、服着てたらわかんないですよね?


逆に、女性の前で
男性が服を来てない状態っていうのは

【女性がこちらに魅力を感じて、
Hする直前】

になるので、
”勝負が決まった後”
なのです。



たしかに、元々モテる男性が

「すでにゲット済みの女性を
さらに惹きつけるために鍛える」

というなら効果的といえます。
 
しかし、モテない男性が

「鍛えた身体で女性を魅了する」

というのは、
あまり効率的ではないわけです。

理由2:多くの男性がモテる鍛え方を知らない


また、1に関わる理由として、
というのも大きいです。


皆、「筋トレ」というと、

・腹筋
・腕立て

・・・あたりで鍛えるんですけど、
そこを鍛えても、理由1で述べたように、
【服で隠れてしまう】
のです。



もちろん、腕とかだったら、

「軍隊並に鍛えまくって、
服着ててもわかるくらい
腕が丸太みたいになった」

ってこともありえますが、
それは、現実には
プロでもかなり難しい。



で、じゃあどこを鍛えれば
良いのかっていうと、本当は

・首の後ろの僧帽筋
・Vネックで見える大胸筋

・・・辺りなんですが、
これらの部位は

【正しい鍛え方を知らないと、
筋肉が肥大しない】

ので、やはり素人には難しいのです。
 
そして、専門的な筋トレ知識を
勉強する時間があるのなら、
【会話や出会いの数を増やす、
恋愛知識の勉強の方が早く成果が出る】
ので、筋トレは後回しで良いのです。

 

理由3:才能に左右される部分が大きい


筋肉っていうのはね、
「才能」
なのです。


元々筋繊維が豊富で、
栄養の届きやすい人は
何も鍛えずともマッチョです。



その一方で、筋繊維が少なかったり、
成長ホルモンが出にくい人っていうのは
いくら鍛えてもなかなか筋肥大しない



そりゃあ

「鍛えれば、今の自分よりは
筋肉がつく」

と言えばそうでしょうが、
じゃあ

「鍛えれば、服の上からでもわかるくらい
筋肉が盛り上がって、鍛えた結果が女性に伝わるか?」

というと、そんな男性は全体の1割以下なのです。



筋トレより優先すべき努力が他にある


だから、筋トレについての結論としては

【元々才能のある人が正しいやり方で
鍛えればモテるけど、そうでない人は
微妙に身体が堅くなって終わり】

ということになります。



そして、それなら
<会話力を鍛える>
とか
<LINEの仕方を工夫する>
とかの努力の方が、
もっとダイレクトに結果が出やすい。




努力にもね、
”報われる努力”と
”報われない努力”
があるんですよ。



多くの人が
「努力すれば夢が叶う!」
って言うけど、それはウソです。


オレは、”努力”では届かない女っていると思うし、
そういう女は”技術”で落とすしかないと思います。


技術を知らないのにがむしゃらに
努力しちゃう人って、たまにいるけど、
時々ちょっと立ち止まって考えた方が良いです。



筋トレに関して言えば、
鍛える時間があるくらいなら、

・服装
・髪型

・・・あたりを変えた方が早いし、
もっとズルいやり方だと、

「肩パッドの入ってるジャケット着た方が、
見た目的には細マッチョっぽいシルエットになる」

といえます。



努力は「なるべくしない」のがモテる人の特徴

どうせがんばるなら、
”ちゃんと結果が出るやり方”で、
”なるべく楽に”モテるようになった方が
楽しいはずですからね



オレは、才能の無い男性に
「がんばれ!」
と言う社会がこわいと思うし、嫌いです。



むしろ、
「がんばるな!ズルしろ!」
って言いたい。



モテる人、お金持ちな人、
仕事の出来る人って、
良い意味でズルい人ばっかりです。




あなたも、恋愛に疲れを
感じた時は
「もっと楽にモテねーかな?」
ってズルく考えてみてください。


▼今日のまとめ

「筋トレは、モテる努力としては、
かなり効率の悪い行動になってしまう」

「努力や労力の”量”よりも、
自分の魅力につながる行動の”質”を
大切にしよう」




P.S.

筋肉よりも、効率の良いモテ要素はこれです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 2019年 11月15日

    >もっと楽してモテねーかなと考えてみてください

    具体的にはどうすればいいですか?

    • 上杉りゅう

      まず、こちらの無料メルマガで
      配信しているノウハウを30日間読んでみてください↓
      http://kaiwadesign.com/?page_id=3124

      2000人以上の非モテ男性が彼女を
      作ったノウハウなので、恋愛に関する考え方が変わると思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: このコンテンツは著作権法によって守られています。