2019年8月13日最終更新

自分が話したい話題で女性の心をつかむ【話題誘導】の方法

この記事は2分で読めます

 

 

こんにちわ

会話デザイナーの
上杉りゅうです。

 

<<今日のテーマ>>

今日は
「自分が話したい話題で
女性の心をつかむ【話題誘導】の方法」

について話していこうと思います。

 

話題を誘導するとは

【自分が話したい話題を
自然な流れで女性に話させる】

ということです。

 

色々なやり方がありますが、
その中でも、
とくに使いやすいテクニックが

【時期を使った話題誘導法】

です。

 

 

時期を使った話題誘導法

「時期を使う」とは、
例えば、以下のような流れで、
自分が話したい話題を
話させるテクニックです↓

 

・【休日の過ごし方を話題にしたい時】
「もう夏も終わっちゃうね
夏休みはどこか遊びに行ったの?」

 

・【女性の恋愛観を話題にしたい時】
「A子の周りの友達は
今、結婚ラッシュの時期じゃない?」

 

・【女性の将来の夢を話題にしたい時】
「A子は働いて2年目かー
仕事続けるか、転職するか迷う時期だね」

 

 

上記のように

「今はもう〜な季節かー」

とか

「A子はちょうど〜な時期だね」

などと

【その時点での
季節や女性の年代を
きっかけにしたネタ振り】

は、色々な話題に
変化させることが出来ます。

 

 

時期の話題が全ての女性に共感される理由

季節や年代の話は

「夏といえば花火」

とか

「大学3年生と言えば就活」

とか

「12月と言えばクリスマス」

とか

「25歳と言えば、
第二次結婚ラッシュ」

などと

<その季節や年代から連想される
「こんな人が多いよね」
という方向性の話題>

が出しやすいため、
話を広げやすいのです。

 

 

だって、相手の女性が

<その年齢らしい生活>

<その季節らしい過ごし方>

をしているかどうかとは無関係に

「一般的には、
〜のように行動することが多い」

という【常識】
あるのですから、それと比較して

「相手の女性はどうなのか?」

という話に
持っていくのは簡単なわけです。

 

 

とくに、女性の年齢から誘導する恋愛話は便利

プライベートな話だから
自然に聞きにくいと
言われることの多い

<恋愛話>

だって、

【時期を使った誘導法】

を使えば、

「18歳って言えば大学デビューして
いきなり皆彼氏作り始める時期だね」

とか

「20歳って言えば同窓会で、
子供いる子とかが出始める時期だね」

とか

「22歳って言えば就活で、
別れるカップル多い時期じゃん」

とか

「24歳って言えば
第二次結婚ラッシュじゃん」

とか

「26歳って言えば
第三次結婚ラッシュじゃん」

とか

「28歳って言えば
第二次出産ラッシュじゃん」

などと言って

【女性の年齢がどうであれ、
女性の彼氏の有無や結婚観がどうであれ、
自動的に恋愛や結婚の話に持って行ける

のです。

 

 

しかも、

「第二次結婚ラッシュが、正確に
何歳から何歳までの時期を指すのか?」

なんて堅苦しいデータは
誰も気にしないので、
こちらのさじ加減で

「〜歳って言えば、
第〜次結婚ラッシュだね」

と適当に決めちゃえば

【好きな年代を、
こちらが話したい話題に
つなげる言い方で自由に定義出来る】

のです。

 

 

 

このように

【時期を使った誘導法】

は、相手の性格や年齢とは関係無く

<こちらが話したい話題を
自由に選択出来る>

という便利な性質があるので、
ぜひ使ってみてください。

 

 

<<今日のまとめ>>

「話を広げたい時は
【季節】や【女性の年代】を
きっかけに自分の話したい話題を出すと良い」

「話題は
【自分で作るもの】
であることを意識しよう」

 

 

 

 

P.S.
最初の挨拶からベッドインまでの全ての会話はテンプレート化出来ます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@740zemwo (@も入れて検索お願いします)

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル
error: このコンテンツは著作権法によって守られています