2020年5月12日最終更新

【準備で決まる】告白しやすいムードを作る方法

この記事は2分で読めます

 
 

 

▼今日のテーマ

 

今日は、
<【準備で決まる】
告白しやすいムードを作る方法>
ということについて
お話していこうと思います。

 

あなたは、自分が付き合いたい女性に
いきなり告白することが出来るでしょうか?

 

おそらく、ほとんどの人の答えは
「NO」
だと思います。

 

なぜなら、
【普通に会話する雰囲気と、
告白する雰囲気は、空気が違いすぎるから】
です。

 

 

普通の会話と告白直前の会話の違い

 
例えば、
「今日天気良いね」
とか
「最近仕事順調?」
みたいな話題で会話している時の空気は、
【恋愛っぽい空気】
とはかけ離れている
ので、
きちんと雰囲気作りから準備を
していかないと、
<そもそも告白出来る流れにならない>
ということがけっこうあるのです。

 

 

そして、そのままずるずると、
思いを伝えられないままタイミングを逃してしまい、
<友達止まりの良い人>
で終わってしまうわけです。

 

 

しかし、それは、逆に言えば、
【デートの中で、告白しやすい雰囲気を作り出す】
ということさえ出来るようになれば、
適切なタイミングで好意を伝えて、
女性と付き合える可能性をあげられることも意味します。

 

 

なので、今回は、そんな
「告白出来るムードを
作るにはどうしたら良いか?」
ということについてお話していきます。

 

 

 

告白しやすいムードを作る「2つのコツ」

 
告白出来るムードを作る方法、それは、
【2人きりで静かに話せる場所で、
今思い出したかのように切り出す】
という方法が最も効果的だといえます。

 

 

「静かに話せる場所」とは?

まず
「静かに話せる場所」
というのは、例えば

・公園のベンチ
・カラオケ
・個室居酒屋

・・・などの、周囲にあまり人目のない、
静かな雰囲気の場所のことです。

 

 

これらの場所に女性を連れて行くと、

・「告白されるのかも!?」
という女性の期待感をあおれる

・周囲を気にせず好意を伝えられる

・・・というメリットが得られます。

 

 

「思い出したように切り出す」とは?

そして、
「今思い出したかのように切り出す」
というのは、例えば
「あ、そういえばA子に
言おうとしてたことあるんだった!」
と切り出して、
「オレ、今日A子のことデートのつもりで誘ったんだけど、
A子的にはどういうつもりで来てる?」
と、女性の気持ちの確認をするということです。

 

 

こう言うと、女性は必ず
「え!?それはどういうこと??」
と、
【こちらの「デートのつもりで誘った」
というフレーズが、
どういう意味なのか、聞き返してくる】
ので、そこで初めて
「いや、好きだからに決まってるじゃん!」
と明るくはっきり、好意を宣言してしまえば良いのです。

 

 

脈絡なく、

「・・・オレ、A子が好きなんだよね」

と言ってしまうと、言う側も、言われる側も、
かなり重い空気で、話す必要が出てきますが、
その前にワンクッション、

「そういえば、今日デートのつもりで誘ったんだけど、
A子はどういうつもりで来た?」

と、こちらの意図を伝えることで、
好意を伝える時に出てしまいがちな重苦しい空気を
生じにくくするわけですね

 

 

告白は、

【好意を伝える時の雰囲気を
気まずい感じにしない】

というのが、最も重要なので、
しっかり告白しやすいムードを作ってから、
女性に想いを伝えるようにしてみてください

 

 

▼今日のまとめ

「告白は、好意を伝えるまでの雰囲気作りが大切」

 

「女性を2人きりで遊びに誘った意図を伝えることで、
重い告白の前に、ワンクッション”告白されそうなムード”を
作って、気まずくならないようにしよう」

 

P.S.
告白のムードはこうやって作ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: このコンテンツは著作権法によって守られています。