2020年9月29日最終更新

「巨乳好き」を女性に語れる男性がモテる法則とその理由

この記事は2分で読めます

 

 

こんにちは。

 

会話デザイナーの
上杉りゅうです。

 

 

▼今日のテーマ

今日は、

<「巨乳好き」を女性に語れる
男性がモテる法則とその理由

ということについて
お話していこうと思います。

 

 

あなたはフェチってありますか?

 

例えば、
「女性の髪が好き」
「脚の細い子がタイプだ」
「巨乳だと可愛く見えてしまう」
「熟女じゃないと愛せない」
「アニメ声の女の子に萌える」
などの性的な好みです。

 

 

フェチって人
それぞれありますよね。

 

一般的には、
「恥ずかしいから隠すことが多い」
と思われている自分のフェチですが、
実は、
<オープンに話せた方がモテる法則>
があると言ったらどう思いますか?

 

フェチを語ることでモテる理由

これは、どんなフェチでも
かまわないのですが、
その好みを、
【女性に具体的に語れるようにしておくこと】
は大切です。

 

 

なぜかと言うと、人は、
<恥ずかしいことを
共有すると親近感を抱くから>
です。

 

 

例えば、ここに
・巨乳好きだけどそれを隠してるAくん
と、
・巨乳好きだけどそれを公言してるBくん
の2者がいるとして、モテやすいののは
【圧倒的にBくん】
ということになります。

 

 

なぜなら、Bくんは、自分の性的な好みを
公言していることによって、
以下のメリットを得られるからです↓

・「巨乳好き」というわかりやすいキャラが、
人物像をハッキリ伝えやすい

・フェチの話題をきっかけに、
「女性の性的な話題」にも踏み込みやすくなる

・「普通にエロい」というキャラを公言出来るので、
変に紳士ぶって良い人のフリをする必要がなくなる

 

 

勘違いされやすいのですが、
<エロい発言をすること>
そのものは、むしろモテ要素なのです。

 

ただ、その
<言い方>
が、
【人に言い慣れていて、
わかりやすい「爽やかさ」があること】
が、モテる人とモテない人を分けるのです。

 

 

「巨乳好き」でなくてもOK

「巨乳好き」に限らず、
普段、自分の性的な好みを
他人に公言してない男性は、
【急に性的な話題を話すとぎこちないため、
ムッツリスケベっぽい印象をもたれやすい】
という弱点があります。

なので、いきなり女性に
性的な話題を振れなくても、
<親しい人に、少しづつ、
自分のフェチを
公言していくことに慣れておく>

と良いでしょう。

 

 

▼今日のまとめ

「自分の性的な好み、は、
普段から他人に言えるよう、慣れておくと良い

「女性は”男はエロいもの”と思っているので、
多少のエロさは”キャラとして公言しておく”方が、
むしろモテやすいことを覚えておこう」

 

 

P.S.
20代のEカップ巨乳16人と付き合えた出会いアプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

    • 清水織部
    • 2018年 1月11日

    会って一緒にノミにけいしょんしたいなーいかがですかですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

error: このコンテンツは著作権法によって守られています。