どんなにモテる人でも1日は24時間だからチャンスはある

この記事は2分で読めます

 

こんにちわ

会話デザイナーの
上杉りゅうです

 

 

<<今日のテーマ>>

今日は、

<どんなにモテる人でも
1日は24時間だからチャンスはある

ということについて
お話していこうと思います

 

 

自分を磨く → モテるようになる

という手法をオススメしていると、時々

「でも、元々才能のあるイケメンには
努力では勝てなくないですか?」

という質問をもらいます

 

 

なるほど。

 

たしかに、
<努力した凡人>
より
<努力したし、元々才能もあった人>
の方がモテやすい。

 

それは事実。

 

しかし、それは
<恋愛を努力する意味がない>
ということにはならない。

 

 

なぜなら、
【どんなにモテる人でも、
対応出来る女性の数に限界があるから】
です

 

 

例えば、クラスの女子が20人いる学校
のイケメン男性を10人の女性が好きになったとする。

 

その男性は、全部で20人いる女子のうち、
半分の10人から好きな女性と付き合うことが出来る

 

浮気すれば、もう2〜3人と同時に付き合えるかもしれない。

 

しかし、好かれた女子10人全員と
付き合うのは不可能です

 

同時に何人も付き合えば、
・女性に割く時間はどうしても増えるし、
・会ってない女性へのLINEのやり取りも大変になるし、
・浮気の噂はすぐに広がるし、
・・・という風になります

 

すると、これは社会というか、
男女のシステム的に、
<最初にイケメン男性が好きだった女性も、
だんだん他の男性を検討せざるを得ない>
ので、
【人気は分散され、それほど
モテなかった男性にも必ず需要が発生する】
のです

 

 

学校のクラス、という、
小さな集団でもそうなるのです

 

 

だから、それが
・バイト先
・職場
・合コン
などと、
<新たに知り合う異性の数が巨大になる>
につれて、
【昔モテなかった男性に、
突然女性から需要が生じるケース】
は絶対に起こります

 

 

現実に、モテるために必要なのは、

・その需要が発生しやすい「場」をたくさん作ること
→出会いの数の確保

と、

・好みの女性から需要が発生した時に、
それを「付き合う」まで持っていけるテクニックの習得
→恋愛ノウハウの学習

の2点だけです

この2つは、どちらか片方ではダメで、
必ず両方同時に、行動していく必要がある。

 

 

そして、実際には、
上記のうち、
【どちらか片方しか
やってなくてモテない男性】
が7割くらいなので、
本ブログで勉強してるような人は
行動さえすればモテるのです

 

 

オレは、
「頑張れば報われる!」
という言葉を信じません

 

 

しかし、
「学び、行動し、失敗すれば、
努力の精度が上がり、最後は必ず成功する」
という考え方は、ずっと信じているし、
事実、オレも、オレの周りも皆体感しています

 

 

なので、あなたも、
【誰もが平等に1日24時間しか使えないのだから、
その限りある時間を「恋愛の勉強」に使っている
自分は、平均よりも魅力的である】
という”システム”を理解してください

これは、あなたの顔とか身長がどうとは無関係に、
「社会の構造が、そうなっている」
ので、ものすごく確実なことなのです

 

 

 

それではまた

 

 

<<今日のまとめ>>

「どんなにモテる人にも、
女性に対応出来る”時間の限界”がある」

「だから、イケメンの”有限な時間”を使っても、
見つけきれなかった美人、運命の女性を探そう。
才能ある同性との競争に勝たなくても好きな人とは付き合える。」

 

PS
ある男性の24時間が可愛い女性とのデートで埋まってしまった方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@mdd8248x

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル
error: Content is protected !!