クラスの端にいる「地味な奴」が、人に好かれる方法

この記事は3分で読めます

 

こんにちわ

会話デザイナーの
上杉りゅうです

 

 

<<今日のテーマ>>

今日は、
<クラスの端にいる
「地味な奴」が、人に好かれる方法

ということについて
お話していこうと思います。

 

オレは、小学生くらいから
「人に褒めて欲しい」
って願望が人一倍強いです。

人から、
「上杉くんは、すごいね」
「えらいね」
「カッコイイね」
と言われたい人間なのです。

でも、実際は言われない。

 

なぜなら、褒めてもらうには、
【その褒めに値する能力】
が必要で、オレにはそれが全然無かったから。

 

学生時代、足は遅かったし、
容姿もカッコ良くなかったし、
集団でワイワイ盛り上がるのも苦手だったから、
【なんかよくわからない地味な奴】
でした。

 

 

なのに
「褒めてほしい」
という気持ちだけ強いから、
実力も無いのに強がろうとしてしまう。

 

 

そして、強がるから、
余計に人から嫌われてしまう
・・・という悪循環におちいっていました。

 

 

「地味なオレはどうすれば良いんだろう?」

オレは高校3年生の時に、
本気で悩みました。

 

 

なにしろ、何も得意なことが無い。
好きなことが無い。
やりたいことが無い。

 

一応、親には
「将来は研究者になりたい」
とか言ってましたが、そんなのウソでした。

本当に何も無かったのです。

 

 

才能も目標も何も無かった自分がたどり着いた「結論」

 
でも、頭がしびれるくらい考えた末、
1つだけ確かなことに気付いたのです。

 

 

それは、
【人から褒めてほしい
「この気持ち自体」は本物だ】
ということ。

 

 

褒めてもらう能力は無いが、
<褒めて欲しいと願う、気持ちの強さそのもの>
なら誰にも負けないという自信。

 

それが人生の出発点でした。

 

 

 

承認欲求を満たしてもらえないなら、【満たしてあげる側】になれば良い

 
で、そう気付いた時、思ったのです。

 

「褒められたいって思う人、
オレ以外にもたくさんいるんじゃないか?」

「褒められたい人は、
”褒められるに値する能力”が
無い場合も多いのではないか?」

「だから、まず、自分が、
”褒める”、”認める”という行為を
人にやってあげれば良いんじゃないか?」

・・・と。

 

 

そこからは、
かなり行動できるようになりました。

例えば、
家族の良い所を見つけ、
友達を褒め、
女性を認めてあげる。

高スペックなAくんも、
低スペックなBくんも、
必ず良いところを見つけて褒めます。

お世辞ではなく、
本気で良いと思う長所です。

 

そうすると、自然と、
自分を認め、褒めてくれる人が集まってくる。

 

これ、簡単そうに見えますが、
実際はかなりの努力が必要になります。

 

試しに殺人犯を褒めてみる

例えば、ニュースで、
「バラバラ殺人の犯人:C男が逮捕!」
と報道されたとします。

あなたは、このC男を褒めれますか?

オレは、当時必死だったので、
本気で【お世辞ではない長所】を探しました。

例えば、
「身体をバラバラに切断なんて重労働なのに
体力あるから、スポーツ得意だったのかな?」
とか、
「そこまで他人の死に冷静になれるのも
1つの才能だから、死体清掃員とか、
検視官とか【死体を扱うスキル】を
仕事にすれば良かったのに、もったいないね」
・・・・とかですね。

こういう褒め方、尊重の仕方が
出来るようになってから、
【会う人全てが輝いてみえる】
ようになりました。

だって、バラバラ殺人犯でも
褒めてあげられるのですから、
その辺の一般人の良さを見つけるなんて楽勝です。

どんなゴミクズにも
価値があることに気付けます。

 

綺麗事ではなくて、
本当に、人間には1人1人違った価値があるのです。

童貞にも、医者にも、
YouTuberにも、殺人鬼にも、
生きてるだけで、誰かの心を動かす価値があります。

 

 

他人の良いところを見つけてあげれる人はモテる

 
悪い奴も、良い奴も、
すごい奴も、普通の人も、
【まず自分が認めると、認め返してくれる】
のです。

 

 

だから、もし何も
得意なことが無い人は、とりあえず、
<他人の良いところを探す習慣>
をつけてみてください。

 

【100人中100人から嫌われる人でも、
良いところを見つけてあげる】
と、少なくとも、その人とは仲良くしてもらえるし、
自分自身の魅力も見つけやすくなります。

 

とくに、女性は受け身な人が多いので、
<その子の良いところ>
を伝えるのが上手だと、
必ず、何人かに一人はこちらに好意を持ってくれます。

 

 

 

 

それではまた

 

 

<<今日のまとめ>>

「褒めて欲しいなら、
まず自分が他人を褒めよう

「世の中には、他人から認めてもらえずに
不満を抱えてる人は多いので、
”人の良いところを見つける習慣がある”
というのは、大きな武器になる」

 

PS
褒めるのが出来るようになったら、次はいじっていきます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@mdd8248x

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル
error: このコンテンツは著作権法によって守られています