食事はおごるべきか?

この記事は2分で読めます

怖い男性のおごり

<<今日のテーマ>>

今日は、このメルマガの読者から来た

「女性とデートに行った時、
食事をおごるべきかどうか?」

という質問にお答えしていこうと思います

 

 

男性が

<食事をおごるかどうか悩むシチュエーション>

には、以下の3つがあると思います↓

 

1、おごらないと女性の好感度が下がる場合

2、おごるかどうかは女性の好感度とは無関係な場合

3、おごった時の女性の好感度の上下がよくわからない場合

 

まず

1、おごらないと女性の好感度が下がる場合

とは、

<事前の恋愛話で、「その女性がおごらない男には
魅力を感じない」と判断出来ている場合>

のことです

 

 

これは、例えば、事前の恋愛話において

「元カレは毎回食事代とかをおごってくれていたし、
そういう人としか付き合ったことがない」

とか

「片思いしてた男性がいたが、初デートで割り勘だった時に
気持ちが冷めてしまった」

などというエピソードを話す女性が相手の場合です

 

このような女性が相手の時は

<素直におごる>

という選択をした方が無難だといえます
(おごると好感度が下がらないというだけで、
上がるわけではないことに注意)

 

 

次に

2、おごるかどうかは女性の好感度とは無関係な場合

とは

<事前の恋愛話で、「その女性がおごらない男にも
魅力を感じる」と判断出来ている場合>

のことです

 

これは、例えば、事前の恋愛話において

「元カレは食事代を割り勘してた」

とか

「付き合ってもない男性におごられても、
見返りを与えられないので、むしろ困ってしまう」

とか

「好きになると尽くしたい方なので、
元カレには食事代をおごっていた」

などというエピソードを話す女性が相手の場合です

 

このような女性が相手の時は

<割り勘>

という選択をした方が無難だといえます

 

 

最後に

3、おごった時の女性の好感度の上下がよくわからない場合

とは

<事前の恋愛話で、「その女性がおごられることに対して
どう感じているか」が判断出来なかった場合>

のことです

 

これは、例えば、

・事前の恋愛話自体が出来なかった

・食事代についてのエピソードを聞き出せなかった

などの場合です

 

このような女性が相手の時は

<一度レジで全額自分が支払って、
その時に女性が財布を出すそぶりがあるか確認する>

という行動を取ると良いです

 

財布を出したら

「〜円ある?」

と【支払った食事代の半額】を
出すように促し、逆に、財布を出さなかったら

<おごるのが当然かのような態度>

で、そのまま全額おごってしまってください

 

 

・・・・以上のように

 

1、おごらないと女性の好感度が下がる場合

2、おごるかどうかは女性の好感度とは無関係な場合

3、おごった時の女性の好感度の上下がよくわからない場合

 

の3つの場合を見極めて、それぞれに
適した行動を取るようにすれば

「割り勘で好感度が下がる」

とか

「おごってしまうことで、好意を重く受けとられ過ぎる」

という事態を防止することが出来ます

 

デートのコストは、なるべくおさえたいところですし、

「おごるべき時はおごり、
おごるべきでない時はおごらない」

という戦略が取れるようにしてみてください

 

 

<<今日のまとめ>>

「おごられると、それを”重い”とらえる女性もいるので
食事代は【おごれば好感度が上がる】というものではない」

「おごるかどうかは、事前の恋愛話で、
女性のタイプを判断してから決めるようにしよう」

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. af9980011746l
  2. Fotolia_66327767_XS
  3. HE090_72A
  4. a0093189_11373737
  5. 1374305655475_2_150604225517243_700x
  6. 1005yoru
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人 上杉りゅう

uesugi

プロフィールはこちら

LINEでも限定恋愛ノウハウの
〜【初対面10分で魅力を与える4つの話題】
解説セミナー動画〜
を配信中なので、興味がある方は、
以下の3つの方法のうち、
どれかから友達追加してください↓

方法1,「友達追加ボタン」から登録する↓
友だち追加

方法2,LINEで以下のID検索をして、友達追加する↓
@mdd8248x

方法3,QRコードで友達追加する↓

サンプル サンプル サンプル